病気の悩みインフォメーション

きちんと薬だけは飲み忘れないように

わたしはバセドウ病という病気にかかっています。

 

もう発症してから7年近くになりますが、まだ完治しておらず、投薬を受けています。

 

発症した当時は、ひどい動悸と体のだるさで血液検査をして判明しました。
甲状腺ホルモンの値が、標準の何倍もありました。

 

メルカゾールという薬を処方してもらい、はじめは1日4錠ずつ飲んでいました。

 

その後、体調が安定してきたら少しずつ薬の量を減らしていきました。

 

3ヶ月に1回のペースで採血検査をしています。

 

4年ほど前からはホルモンの値も安定し、ずっといままで1日1錠飲むことで体調を保っています。薬はずっと変わっていません。

 

正直、このまま一生のみ続けるのだろうか、という不安はありますが、きちんとお薬さえ飲んでいれば普段の生活に全く差し支えないのでとりあえず安心しています。

 

長男の出産も無事にできましたし、産後も多少の乱れはありましたが、すぐにもとに戻りました。

 

きちんと薬を決められた量飲むことと、毎回の定期健診だけはきちんと行くようにしたいと思います。

 

アトピーの私が処方されている薬について

私は、幼少の頃から20年以上、アトピー持ちです。幼少の頃と比べると症状は改善してきているのですが、特に季節の変わり目はひどくなりがちです。その為、今も定期的に病院に通って薬を処方してもらっています。
今日は、私の処方されている薬を簡単にご紹介します。
ほうれい線 消す
私は、飲み薬を飲むのを忘れがちなタイプで、現在処方されているのは塗り薬のみです。
アトピーの症状が割と重いところ用に、アンテベート軟膏を処方されています。痒いところ用に処方される薬としては、アンテベート軟膏か、フルメタ軟膏のどちらかを処方されています。また、耳の後ろがじくじくしているので、耳の後ろ専用にリンデロンVG軟膏と、アズノール軟膏を混合したものを処方してもらっています。
また、保湿剤として、体にも顔にも塗ってもOKということで、ヒルドイドソフト軟膏を処方されています。全身に塗るのでけっこうすぐなくなってしまい、一回の処方でいつも4?5本は出してもらっています。

パニック障害

私は大学3年生の夏から現在まで、約3年、パニック障害を患っています。
パニック障害になる原因に心当たりはなく、原因不明で突然起こる発作に毎日悩まされていました。
家族に心配をかけなくないという思いから、一人で病院を探し、いくつもの病院で秘密で検査をしました。
アルバイトで稼いだ貯金は検査代と治療費ですべてなくなってしまうほどです。
しかし、さらに自分を追い込むこととなり、学校で発作を起こしてしまったため、母に連絡が入りました。
結果、母を余計に悲しませてしまうことになってしまいました。
現在私は、理学療法士として総合病院で働いています。主に脳卒中を患う患者様のリハビリを行っていますが、患者様は自分が病気になってしまったという現状を受け入れることが難しく、精神的に不安定に陥ります。
しかし、患者様だけでなく、その家族と関わるようになった今、自分の体や命は自分だけのものではないのだと改めて実感しています。病気やけがは一人で戦うものではない。自分にとって大切な人、自分のことを大切に思ってくれる人と共に向き合い立ち向かう。今は、それが治療への第一歩だと思うのです。